伝統教学5 – 基礎教学 ~ (1) 三時と五の五百歳【無料】

日蓮大聖人は「仏法を学せん法は必ず先づ時をならうべし」(二五六頁)と述べられ、仏法の最も基本となる教学は「時を知る」ことから始まることを教えました。

なぜ〝時〟が大事なのかというと、教法は〝時〟を基軸にして説かれていくからです。

〝時〟を知るために最も重要な原理である「三時」と「五の五百歳(三時の弘教)」を学んでいきたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について