寄稿文5 – 一級試験が100倍楽しみになる~「雪柳 光の王冠」ふたたび(後編)~

(すたぽ運営事務局から)
この記事は、すたぽに寄稿いただいた原稿を記事として公開させていただいております。ご寄稿者に御礼申し上げます。


投稿者:フレドリック・ブラウン

前回に引き続き「雪柳」を読んでみましょう。少し長めの引用になりますが、味わい深めてみてください。

「天をさして咲く花もあれば、地を向いて微笑む花もあった。それぞれの個性が集まって、光の束になっていた。そして雪柳は、すべての力を、ただひとつのことに傾けていた。天から与えられた自分の生命を生ききること。自分が種子として持っていたすべてを、表現しきること。自分本来の姿へと開花すること。それ以外、何も願わなかった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について