「阿寒の自然」〜前田光子さんのこと 中編

先史時代より狩猟系の生業で生計を立てていたアイヌの人々は、あまり貯蓄という概念がなかったようで(近年の医学研究でも、狩猟系民族に、進化的に新奇探索遺伝子が多く保存されていることがわかっています)、宵越しの銭は持たない的な生活をしていたアイヌの方々に、光子さんは観光客のいない冬季でも生計が立つようにと、土地を無償提供してアイヌの人々が木彫り工業などで自立する支援をしました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について