一級試験が100倍楽しみになる~「教学試験」の意義について語られなかったことを語る(前編)

(すたぽ運営事務局から)
この記事は、すたぽに寄稿いただいた原稿を記事として公開させていただいております。ご寄稿者に御礼申し上げます。


投稿者:フレドリック・ブラウン

「教学」について学ぶのが教学試験ですけれど、「教学試験」について学ぶ場があまりないなとかつて思ったことがありました。池田SGI会長が教学試験の意義について真正面から語った例もほぼありません。試験の話題に触れることはあっても、すぐさま教学の意義に論及する段へと移行してしまいます。そこで私は、試験自体の意義「も」語れたらいいなと、過去に考えをまとめてみました。資料に則った考察です。何かの参考になれば幸いです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について