一級試験が100倍楽しみになる~「教学試験」の意義について語られなかったことを語る(後編)

(すたぽ運営事務局から)
この記事は、すたぽに寄稿いただいた原稿を記事として公開させていただいております。ご寄稿者に御礼申し上げます。


投稿者:フレドリック・ブラウン

「教授法の改良によって、試験のためのにわか暗記で、後では大部分忘却してもよいような知識は、思い切って低減することができる」(『牧口常三郎全集』、現代表記に改めた)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について