2045 #11 – 地図【無料】

横浜に帰ってくるとセイキは、その道すがら考え練ったアイデアをかたちにする作業に取り掛かる。そのとき彼がイメージしていたのは、広島の悲劇を共感できるツールを用意することであった。では、それは一体何なのか。

原爆資料館の展示やその内容を収めた図録の掲載には、ウラン型原子爆弾“リトルボーイ”の投下によって広島の街が崩壊した被害規模が記録されていた。
投下直後に発生した人工の太陽とも比喩できる“火球”が直径600m。それがみるみる膨らみながら上昇する中で、街の上空にあの大きなキノコ雲が噴き上がった。その噴煙に隠れた下界の地上では、爆心地から半径2.5km圏が火の海となり建物は全焼全壊。更に半径2.75km圏では火の巡りには地域差があったものの爆風の影響で建物は全壊。更に半径5km圏と沿岸部広域では爆心地から轟いた衝撃波や爆風によって建物は半壊したとされる。
これらの影響により、広島では1945年の末までに約14万人が亡くなり、生き残った多くの市民も被爆症を背負いながら戦後の困窮に直面した。しかし、ひとつの街が崩落したこれらの現象は、たった1発の爆弾にあらゆる地獄が凝縮されていた結果であった。

けれども、例えばこれらの脅威を地元の友に話したとしても、まったく理解できない訳ではないにしても、その意思疎通がを100%適うようには思えなかった。広島の街の被害規模を語ろうにも、過去に居住していたり仕事や旅行などでその現地に行った経験がないと、土地勘のない人々にとっては遠い世界の話にしか聞こえないかもしれない。

そこで、その広島の悲劇をぐっと身近に理解できる為の方法として、セイキは羅針盤となるMAPを作成することにした。それは、原爆投下によってもたらされた広島の街の被害スケールを、自分が住む横浜の地図上に投影を試みるというトンデモない発想であった。

彼は過去にWEBディレクターの仕事を経験する中で、顧客サイトに会社や店舗の場所を示すGoogleMAPの投影を実施した経験があった事から、今回のニーズに合致するフリーツールが探せばあるかもしれないと思った。WEBを検索すると、その予感は的中した。

(※当時はGoogleMAPを加工したツールであったが、現在でも下記URLからアクセスする事が可能[2019年9月現在])。
https://www.nanchatte.com/ymap/circleService.html )

MAPツールにそれぞれのスケール数値を入力すると、規模に即した円が地図上に描く事ができた。
「もしも横浜に原爆が落とされたなら…」
そんなディストピアを想い描く中でセイキは、爆心地を桜木町駅に想定した。現在の横浜駅から京浜東北線沿いにある下り線ひと駅となりの場所であるが、幕末明治に西洋文化が導入される中で初めて蒸気機関車が走り始めた頃、港から荷下ろしされた貨物を東京の新橋まで運ぶために設けられた”初代横浜駅”でもあった。現在は”みなとみらい21”地区の玄関口として、横浜観光の来客で賑わっている。
そうした利用頻度の可能性が高い場所を描写円の中心軸にすれば、その土地勘を以って広島スケールを共有できるイニシアチブの発露を掴めるに違いないと、セイキは確信あいていた。

黒い雨や紫外線の発生による、核兵器における放射能の脅威を伝えるにはまだ難しいとしても、問題提議の足掛かりとしてMAPの精度を更に上げ、公表できる域に達する事を目指す事にした。
先ずはこうして、ヒロシマとヨコハマが繋がった瞬間をセイキは迎える事となった。

執筆者プロフィール

佐藤誠樹
佐藤誠樹
1980年横浜出身。
大阪芸術大学卒業。
都内で貿易事務の傍ら広島・長崎・沖縄でのフィールドワークに取り組み、核時代100年記の完成を目指して編纂中。近年は西日本豪雨のボランティアとして被災地入りを重ね、その解決策となる”災害対応型道州制(仮)”の可能性について探求を重ねる。
Facebookページサイト
"Hiroshima 8.6.1945-2045"を運営。
日本語:
https://facebook.com/hiroshima8619452045jp
English:
https://facebook.com/hiroshima8619452045usa

他の記事もチェック

  • 2045 #13 – ナガサキの地図【無料】2045 #13 – ナガサキの地図【無料】 …その後、史実に基づき1945年に原爆投下候補地に選定された都市に広島型の原爆が投下された際の災害規模を示すシュミレートMAPは順調に作成されていった。それらは東から数えると東京 […]
  • 2045 #10 – チャンネル8.6【無料】2045 #10 – チャンネル8.6【無料】 広島の朝。バスセンターに到着した夜行バスから降車するセイキの姿があった。その足は直ぐさま、緑が生茂る季節を迎えた平和公園の中に建つ原爆資料館へと向けられた。 カウンターで入 […]
  • 2045 #12 – ライセンス【無料】2045 #12 – ライセンス【無料】 こうしてWEB上のフリーツールを用いて目的に適った円状デザインを地図上に描き出す手段を見出したセイキは、次のステップに進む。幸いにして彼は、心許せる仲間のひとりであったデザイナー […]
  • 2045 #8 – その男は28【無料】2045 #8 – その男は28【無料】 当時、大阪の大学でアートを修学したセイキは卒業後、関西企業のホームページを手掛けるWEBディレクターの仕事に勤しんでいた。”京の着倒れ” “大阪の食い倒れ” “神戸の履き倒れ”と […]
  • 2045 #9 – いつもの日常【無料】2045 #9 – いつもの日常【無料】 「大事なことは、この街で学んだ」。 良くも悪くも人情の街を歩みつつ、現在に至るまでの道程を脳裏にフラッシュバックさせながら、新大阪駅から新幹線に乗車したセイキは関西を後にし […]
  • 2045 #6 – 瀬戸内の車窓【無料】2045 #6 – 瀬戸内の車窓【無料】 セイキが乗車した電車が広島駅を出発する。 東へ3駅進むと海田市(かいたいち)駅に到着し、ここから内陸の山合いを進む山陽線と、瀬戸内海の海岸に沿って進む呉線にレールが分かれる。い […]