哲学入門76 – コラム:ケセラセラとさせられた「後」の責任、あるいは創造が課題である

哲学入門では、実存主義とフランクフルト学派の批判理論を中心に、これまで第二次世界大戦後の思想世界を概観してきた。この後、世界を席巻するのが構造主義を端緒とする一群のフランス現代思想と呼ばれる思潮である。 その本論に入るま …

2045 #11 – 地図【無料】

横浜に帰ってくるとセイキは、その道すがら考え練ったアイデアをかたちにする作業に取り掛かる。そのとき彼がイメージしていたのは、広島の悲劇を共感できるツールを用意することであった。では、それは一体何なのか。