終活談義

中東でボランティアをやっている友人がドイツの私の家を訪ねてきてくれた。 人道支援というものに理解がない日本で国際貢献をやるのは、いつも命がけだ。政治家のパフォーマンスのせいで現地で危ない目に合うことも少なくない。しかし、 …

哲学入門76 – コラム:ケセラセラとさせられた「後」の責任、あるいは創造が課題である

哲学入門では、実存主義とフランクフルト学派の批判理論を中心に、これまで第二次世界大戦後の思想世界を概観してきた。この後、世界を席巻するのが構造主義を端緒とする一群のフランス現代思想と呼ばれる思潮である。 その本論に入るま …