Lwp99 – アクティブラーニング? なにそれ美味しいの?【無料】

新入生へのちょっとしたアドバイス

大学で授業をしていたとき、「何か教えてくれる」という姿勢で参加される学生さんの姿をよくみかけたものです。その真剣な姿には、襟をただしたいと思いますし、その求めに全力に応じていかなければならないと考えます。

しかし「何かを教えてくれる」という事柄に関しては少し掘り下げた理解が必要なのではないかと考え、ちょっとした「新入生へのアドバイス」みたいなものを書いてみました。

大学では、たしかに「何かを教えてくれる」ところです。

しかし、高等学校とかのイメージは持ち合わせないほうがいいのじゃないのかということです。。具体的に言えば、できあがった知識のパッケージを規定回数で、きちんと理解させるという教室に参加するということと同義ではないということです。

もちろん、カント(Immanuel Kant,1724-1804)のように「哲学は学ぶことはできない。できるのは哲学することだけだ」と言いきってしまう……とはいえ「言いきってしまいたい!」自分もいますが……と、もともこうもありません。

しかし、「何かを教えてくれる」という感覚で教室に座ってしまうと、大学で「学ぶ」という意義からすれば、もったいないことになってしまいます。なぜなら学問を学ぶのと教科を学習するのはやっぱり異なるからです。

たしかに、スキル系の講座は大学でも盛んです。そして哲学や倫理学といった授業でも「何かを教えてくれる」側面はあります。ですから、様々な考え方やその歩みを紹介します。しかし、大事なことは、スキャナーで教科書をスキャンするように忠実にそれを脳にコピーすることで「できた!」と錯覚してはいけないということです。

そうではなく、様々な考え方やその歩みに耳を傾けながら、自分がその考え方やその変遷と対決していくということが大切になってくるのではないでしょうか。

授業に臨むと、ものすごく納得する議論もあれば、これは受け入れられないなー、というものもあるでしょう。教室での90分というのは、そういう示唆を受ける一つのきっかけにしか過ぎないんです。いわば氷山の一角なんです。

ですから、「ものすごく納得」したのであれば、自分で、それに関するものを読んでみるとか、「これは受け入れられないなー」という感慨を抱いたのであれば、どこをどう受け入れることができないのか、自分で反芻してみる、あるいは、一部ではなく全体を、すなわち著者の一冊の本を実際に読んで、対話しながら考えてみる、そういう営みが大事です。

数学の問題集を解いていくと、だいたいの場合、「正しい答え」が存在しますので、×か○で採点できます。しかし世の中には、必ず「正しい答え」が歴然と存在し、神が持つような解答集と照らし合わせて×とか○とか判断できるような事柄っていうのは、決して多くはありません。

だとすれば、どう自分自身で筋道をつけながら、ひとつの問いに対して、矛盾なく「私は、そう考える」という耕しの練習をしていくしかないんです。

様々な問題に対して、過去の思想家たちの考え方と対峙しながら、逡巡したり、熟慮したり、決断したりしていくなかで手に掴んだ答えというのが、結果としては、他のひとのものと同じだったり、いわゆる「模範解答」と同じだったということがらは多々あると思います。しかし、自分でその歩みを実践できるかどうかが大学で学ぶうえでは、大切です。

勿論、今の大学はそうはいっても「パッケージ化された知」の講座ばかりかも知れません。しかし、「うん?」とか「これはどーなんだ!」と思ったとき、先生をつかまえてみる、あるいは、図書館に足を運んでみる--。授業に一緒に参加した友人と話しあうのも一つの手でしょう。そうした契機をこころがけると、力強い考え方を身に付け、自分自身の土台をつくっていくことができると考えます。

執筆者プロフィール

氏家法雄
氏家法雄アカデミズム底辺で生きるヘタレ神学研究者
氏家法雄 アカデミズム底辺で生きるヘタレ神学研究者。1972年香川県生まれ。慶應義塾大学文学部文学科(ドイツ文学)卒。立教大学大学院文学研究科組織神学専攻後期博士課程単位取得満期退学。鈴木範久に師事。キリスト教学、近代日本キリスト教思想史、宗教間対話基礎論を専攻。元(財)東洋哲学研究所委嘱研究員。千葉敬愛短期大学(倫理学)、創価女子短期大学(哲学)、創価大学通信教育部にて元非常勤講師。論文には「姉崎正治の宗教学とその変貌」、「吉野作造の『神の国』観」、「吉満義彦の人間主義論」など。ええと「うじいえ」ではなく「うじけ」です。

他の記事もチェック