哲学入門74 – コラム:「答えのない学び」という喜び

先日、受験生が「机を離れて見えた世界」で「答えのない学び」を体験したという新聞記事に目が止まりました(『朝日新聞』2019年9月15日付)。 記事のリードは次の通りです。 ※「受験生、机を離れて見えた世界は 中高生ら『答 …

Lwp71 – 書評:親子で読みたい、考えるための3冊【無料】

今回は、親子(もしくはサポーターとこどもさん)で読んでみたい3冊を選んでみました。まずは、世界的な画家として知られる安野光雅さんの『かんがえる子ども』です。子どもと向き合う大人たちに大切にしてほしいポイントを明確に示した …

Lwp50 – 書評:ガート・ビースタ(上野正道ほか訳)『民主主義を学習する 教育・生涯学習・シティズンシップ』勁草書房。

「民主主義を学習する」シティズンシップ教育とは一体どのようなものでしょうか。それは、複数性と差異のなかで一人の人間が政治的な主体であることを獲得とするものです。現代日本で最も書けている視座を提供するのが本書の醍醐味です。